at Red Gate Residency,January,2017

song for tomorrow

1.

A trans-discursive,

 

mutual understanding with you

 

That’s what I want

 

But they dismiss it as “emotion,”

 

while their only way is to get themselves wet

 

Such idiots

 

“Even if you pretend to be hurt,

 

if your standing up again is real,

 

that’s great”

 

“If you can’t feel any respect for me,

 

I’m OK with you leaving”

 

2.

To be selected out of many,

 

you must follow certain tips

 

“I said ‘it’s alright,’ and held you tight,

 

but why are you still ignoring me?”

 

3.

If you can‘t take it, just flee from me

 

Hearing you say so,

 

I only feel I should love you more deeply

 

That’s so mean!

 

Touch, touch, touch

 

Void, void, void

 

4.

It’s like while your heart rejects the conservative,

 

you end up finding yourself right there

 

“Having killed the father,

 

I slept with the mother”

 

 

“Arguably, it’s just the beginning”

 

 

“Having killed the sister,

 

I slept with the brother”

 

 

5.

Even altogether, those books lined on the shelf before you

 

can’t match what I’ll show you now

 

——quote from “song for tomorrow”

English translation: Yuki Okumura with Greg Wilcox

 

 

 

A child of the entire world

99% and 100% are very different.

52% and 48% clearly are.

The same with 38% and 42%. So how about 21% and 20%?

 

 

To say who is wrong.

To say who is right.

Such talk is truly nonsense.

 

Are you still repeating it?

As if performing a score written by some foolish leader?!

 

 

I’m giving birth to a child soon.

It’s a bastard child.

A child of the entire world

 

So which one is right?

That’s something you decide, please.

 

Someone will surely point out that I’m selling my own monologue.

Even I am very aware that I am.

 

To use what was received

To take what was given.

 

 

Naturally you will ask,

“So that’s your modus operandi?”

“Yes, I possess nothing which cannot be seen.”

 

The act of existing in this world is a kind of violence

It is clear to me that as an existence that lives I have responsibility.

That said, I am certain that I still have a desire to live.

An easy narcissist.

 

 

Female friends who keep getting more beautiful

and older male acquaintances who never age.

 

If in the end, if anger and sadness end up being collected by someone

We might as well say everything truthfully.

 

 

But I still have a desire to be liked.

And a desire for sexual love!

 

 

My embrace of the world is not a marriage that I have committed to.

It is something else, something more

I believe.

What it is, I still don’t know.

 

 

Inside a treasure chest made of dozens of layers of flesh-colored fat

are a voice and an earring.

An earring that pierced my ear when I was a first-year middle school student.

It has been an emptiness there from my 13th year till now.

 

 

This year I am finally ready for all the world’s languages to become bilingual

and for my pictures painted solely with stolen sights and sounds to invite no ridicule regardless of how exposed I am.

 

A serious audience is the only thing in front of me now.

 

——quote from “A child of the entire world”

English translation Norman Chan

 

seasidepoolside

「得た手はずっと伸び続けて、時々はそれを自分で切り落とさなくてはならない。 だけどもしその義務を一日だけ忘れたとして、 傷んだ右手から新しい手が生えているのを見つけることができたら。」

 

——seasidepoolsideハンドアウトより。

個展『voice』と最近のこと

‘voice’とゆう展示名にしたのは、

グーグルでこの言葉を画像検索した時に、大衆へリーダーが話しかけているような画像と同時に、

隣に居る人にこそこそ耳打ち話をしているものも出てきて。

それを見た時にどちらもそんなに変わらないものなんじゃないかって思って、この名前にしました。

大きい声も小さい声も、ぜんぶ「声」なんだなあ~と。

私は、ここぞって時に声帯がきゅって締まって声が出なかったり、今!?って時に言い過ぎちゃったりすることがあって。

だったら何も言わないでおこう、言わないとばれないってすげー便利だなーってひねくれた自分もいて。

だけど、自分と「絵」の関係を考えた時に、もうそんな子どもみたいなこと言ってられん!

だめだめ!とか思ってたりして、(こういうことを考え出したのはちょうど大学院に入った頃だった。)

晒すってどういうことなんだろう、非難されてもかまわないってどういうことなんだろう、誤解を恐れないって、どんな時に思う気持ちなんだろう。我慢したりすごい放出したり、だけど世界と共にあるってどういうことなんだろう…

どんな時でも生きていこうって、生まれる前に多くの人がもしかしたらかみさまに誓って、雑菌まみれのここにやってきている。

一昨年に大学で聞いた何かのイベントのトークで、

「最小限のもので最大のものを語る」っておっしゃってた画家の方がいた。

私にとって「誰にでも分かることばで絵を描きたい」ってことがあって、

普通、(普通ってなんだろう笑)の絵が描きたくて、混乱のなかにあるロジカルなものが表面にあって、

絵の具が風景をつくる単語みたいなもので、筆使ってる時は話してる状態に近いのかな。

客観というには柔らかく、人に届くように、というには白々しく聞こえてしまう

このアイデアを、どうにかこうにか無理矢理箱に押し込めて、

配達できるような形にしたが、この『voice』ということばだったのです。

sole exhibition I’m in Love,I’m Alone at Bambinart Gallery,2014/個展「愛の中のひとり」Bambinart Gallery,2014年

“I’m in Love, I’m Alone”
Bambinart Gallery is pleased to present “I’m in love, I’m alone.”, a solo-exhibit by Kanako Tada

Kanako Tada is aware of 2 selves which co-exist within her, the self which goes about the everyday and then the self subject to the throes of life and death. Hoping to confront this second self which is so often separated from the daily happenings Tada takes up the paint brush and sets out on a process determined to reach beyond her own will. In her layering of uncontrolled expressions upon seemingly completed works and combining figurative motifs from a variety of sources, from famous classical paintings to music magazine covers she enforces de-contextualization and rebirth of the image, attempting to hit upon the depths of life and death.

“愛の中のひとり”
このたび、Bambinart Galleryでは、多田佳那子展“愛の中のひとり”を開催いたします。
多田佳那子(ただ・かなこ/1989年、広島県生まれ)は、武蔵野美術大学を卒業後、大学院に進学、2013年に弘益大学校(韓国)に留学し、現在は武蔵野美術大学大学院2年に在籍するアーティストです。
多田は、日常の生活を営む『私』と、自らを生と死が組み込まれた個体として意識する『私』の両者を、共生する2つの『私』として自覚しています。日常が遠ざけがちな、生と死の文化に向き合い、どのように接していくべきなのか、絵画を制作することを通して手がかりを得たいと考えています。
多田の制作プロセスは、一度完成させた絵画に、まったく別のモチーフを描き加えたり、利き手でない手で描いたり、目を閉じて描いたりします。そうすることで、画面にアクシデントを発生させて、多田自身の意図を超えた絵画の先の絵画の再生を体験し、生きることの源泉を見つけようとしています。
また多田は、主に人物を描きますが、構図とモチーフはアングルの『泉』やマイヨールの『ヴィーナス』などの名画、音楽雑誌の表紙、週刊誌のグラビアなどから脈絡なく引用します。モチーフが持つ意味や背景、多田との関係性は重要ではなく、制作へのフックとして機能しています。
一度は完成された絵画-構図や色の組み合わせが優れた-を超えて、その先の絵画が再生を果たしたとき、その一点一点の積み重ねが生と死の文化の深淵を多田にのぞかせることでしょう。
どうぞご高覧ください。
May 23 – June 15, 2014
12:00-19:00
closed on Mondays and Tuesdays
http://www.bambinart.jp/exhibitions/20140523_exhibition.html