みんなすぐに忘れ、そして覚えていく。

キャピタリスティックな友情にももううんざり、どうして今更カップル単位の物事を、多くの社会で

信じられているのか?理解ができない。

 

20.june.2018

 大学の頃に住んでいたアパートの通りの景色を夢に見た。

その通りや、アルバイトの帰りに自転車で通っていた道に建っているすごく古いアパートや、夜の道、の空気や匂いを思い出した。

 日本のアパートはとても簡易的な作りで、天井も低くて廊下も狭くベランダも隣の部屋といつでも破れるような壁で繋がっていただけで、安全な場所に居るという気持ちではなかった。地震が多い国だから、新しく壊しやすい建物が街に溢れている、という小学生から老人までの頭の中にある共通認識は本当は嘘なんじゃないかと思う。私の感想からすると、ウィーンの建物の方が頑丈そうで、住んでいて安心するし、地震がきてもそう揺れないだろうなと思う。第一、57階建てなんてまず存在しないから地震が来てもすぐに逃げ出せるだろうし、街の雰囲気も退廃的なのでそう落ち込まないだろうなと思う。ウィーンの方が震災後の街といった感じがして、ここに住んでいる人達の方がよっぽど地球の資源が無限ではないこととか、人間はいつか死ぬこととかを受けとめて生きているのではないかと思う。ウィーンでは今の点から死ぬ日までを繋げようとし、東京では生まれた日から今の点が繋がっている。だから東京では、努力とか、美容整形とか、いつまでも若くいようとか、過労死とか、肉体がいつの間にか消えてもいいようなグラフィカルな欲望ばっかり流行っているんだと思う。東京に住んでいる人達のあのマインドが懐かしくないわけではないけれど、今東京に帰ってしまうと、自分の肉体と会話する機能がまた消えてしまう気がする。

 外国に住んでいるせいでもはやどちらの世界も(日本語と、ドイツ語英語)夢のなかみたいで、それについて正面から考えようとするとクラクラするするし、はっきり言って寂しすぎる夜にはカラオケとか居酒屋とかお金払えばデートしてくれる人とかが欲しいけど、ここにはそういうものはないのでそんな夜にはミニマル音楽とかポエトリーリーディングとか見に行って余計落ち込むけど、落ち込む時には落ち込むことしかできないのだから仕方がない。誰も他人を助けることはできない。だからこそ自分と他人のメディウムになる可能性があるものを求めて何かを作ったり、結論が出なくても話し合ったりした方がいいんだと思う。いつまで住むのか分からないけれど、私は自分が実験体でいることを割とおおらかな気持ちで受け留められるので、ここでの生活は思ったより長くなると思う。

 

ーーーー1月15日、2018年

いつも壁に向かって話しかけているみたいな感覚。

でも気持ちがいい。

私にも何も届かない、私の声も聞こえない。

音に、声に、見るもの全てに感動する。

触れるものにも、触られることにも嬉しいとすら思う。

アダルトビデオの見過ぎで不感症になってしまったのなら、

アダルトビデオをもっと見ればいい。見た先に何があるのか、

知らなければいけない。

私は怖かった。

他人が怖かった、触ることが怖かった、学者ぶって作品を作ることが怖かった。

痛覚や気に入らなかった人たちをミキサーに入れて全部混ぜたみたいな気持ちで毎日生きていた。

みんな誰かの恋人で、みんな誰かの子どもで、親であることが怖かった。

別れすら喜びに思おう、

ここにいることを当たり前と思わないで、

毎日嬉しいと思おう。

毎日私はstrangerで、

毎日私は誰かの恋人で、

あなたの為にここに居る。

そういう気持ちで毎日絵を描こう。

ヨーロッパに来てもうすぐ半年が経つ。

私は今生きていて、確かにここに影がある。

誰かの習慣を大切に思おう。

誰かの代わりに泣いてみよう。

そうすることでしか、「世界」を知ることができない。

自分のことを愛しいと思うのが先か、自分が死ぬのが先か。

私には分からないけど、

そういうことを受け止めてみよう。

なんとなく眠りに落ちるのが怖いとき、

確かに「手」はあって、

ずっと繋いでいる。

 

彼は、私の前で弱くなるのが難しいと言った。

私は、彼の前で強くなるのが難しいと思った。

 

この2行が向かい合っているように、

私たちもテーブルを挟んで、向かい合っていた。

ヨーロッパに来てからめっきり床に座る習慣が無くなってしまって、

そのことは私達の関係にもシリアスさを加えているよう。

 

 

 

次の日、拾ってきた木材や植木鉢を使って、小さなちゃぶ台を作った。

そのそばに座って、とりとめのないことを話した。

カーペットの上にごろんと寝転ぶ彼は、大きな猫みたいにリラックスしていた。

 

 

 

日本語は難しい。

一つの形容詞や副詞に、沢山の意味がこめられていて、それを使いこなすのに必死でいつのまにか見えなくなるものもあるのだ。

 

 

 

私は誰かと家族になりたいと思っているけど、

一人暮らしが長かったので、なんでも自分でやってしまう癖がある。

他人が何かしているを落ち着いて待つことができない。

 

 

 

この人と家族になりたいと思えた人が居た。

彼の家族に会ったとき、彼の家族ごと私は全てが気に入ってしまった。

 

 

だけど人生80年、そう巧くはいかないものだ。

私は生を貰って、自分の性格を、感受性を貰ってここにいる。

 

 

全部自分のものだって言うと、わがままかもしれないけど、

もう28歳だし、自分で舵を取る楽しさが、作品にも人生にも、有る。

 

 

私は日本語の世界にも英語の世界にも自分を閉じ込めておくことができない。

だけどこの2つは、圧倒的に違い、確実に似ている。

 

 

He tries to be weak, で、

私は強くなろうとしている。

 

 

この2人は電話で話しながら、お互いにお互いが見ている景色の美しさを説明する。

彼女は一本の木の背が高いところを褒め、彼は水面に浮かぶゴミ袋を写真に撮りたいと思う。

しかし結局、彼らは同じ公園を散歩していて、5分後にこの偶然を信頼の証として忘れないでいることに決めた。

 

 

 

 

 

28th.Oct.2017

どこが大文字になるのか、どこが小さくなるのか。

果たして私の作品は饒舌な生き物なのか。

英語は饒舌か。日本語は寡黙か。

漢字に生かされ、ひらがなに殺される性よ。

ただ、笑え。

眉毛の一本も無駄にしてはならない。

こうしてただ生きているだけなのに

どうしてこんなにお金がかかるの。

爪一本を塗りたいことは

贅沢なことなの。

 

English is not international.

”Speak loudly!”

But  I couldn’t, you couldn’t.

Because we were broken.

 

aaaaaaaa a

Which is an article? ↑

 

I try to be perfect.

Mission impossible.

Sometimes it become just a abuse.

Nail color is brown.

It is not my skin color.

 

—-3rd October 2017

How am I?_______(silence)

_____I don’t know.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13rd.June.2017

 

 

 

 

 

 

 

 

About “blink”

 

 

“Hand” is a symbol of anonymity and identified.

Of course how treat to kind of identity is definitely unavoidable theme for art works.

Therefore when I start to make some portraits, inadvertently try to erase (instead of express) to any categorize (skin color, eyes and clothes…)

 

 

One Japanese philosopher says,

“ We are people first, and a nation second.”

(我々は民族的である前に人類的である。)

 

 

“Hand” contains some specific things plus it tries to tell us about a hand owner.

Treating “ hand” is tantalizing…!   Well….. it is not directly way to expression, I know.

Therefore I make sense to this way: how to use “hand”.

 

 

13rd. July.2017

今話してることよりももっと言いたいことがあるのに

こんな状態の体ーー誰かに首を締められているときの安心感のほうがまだマシだ

そんな言葉でいいの!?

いつもフローティングする、滑っていく、どうしよう、どうしようもない

「風が吹いてカーテンの隙間だ開く、光があらわれる」

この程度の情報は、誰かと共有した方がいいのかもしれない

どこに行くのか、どこに居るのか分からない

風、が吹いて、散らばるオセロの白と黒と

マジョリティなんかすぐに変わる

聞き取れなかった歌詞

次のメロディーが来るまで

それを口のなかで泳がせている

7.May.2017