自分の中の一部分だった「日本人」 という一部分を、誰かが勝手に取り出して、それは風船のように膨み、さらに強制的に持ち歩かなければなけないような感覚。勝手に他人が膨らませたものでも、自分が勝手に膨らませたのでも、なんとも居心地が悪く恥ずかしい。

 

でもこの風船は誰が作ったんだろう?

二十八年間日本で、日本人として育ったから、国籍を通して自分というものを他者に見られている経験が無かった。

 

ヨーロッパという世間を知らなかった。

日本語の世界、というモノリンガルの世界に私は守られていた。

だからいつでも大勢の中の一人でいることができた。

 

風船を嬉しそうに持つ人、しぼんでいくのがこわい人、空に向けて手放そうとする人。誰かに破られようとしたら、必死に守ろうとする人々。風船が破れる音を聞くのは誰も好きではない。

 

ウィーンの学校が始まったばかりのころ、ドイツ語のクラスで一緒になったデンマーク人の女の子が私に言った。

「ワーオ!あなた遠くから来たのね!」

そ、そんな、人のことをチェブラーシカみたいに珍しい生き物扱いしないで下さい。

 

あれから1年経ち、ベビーシッター先の子どもが教室から出てくるのを待っている間、インターナショナルスクールの廊下に貼られた世界地図をなんとなく眺めていた。

本当に私の生まれて育った国は、ヨーロッパから見るととても遠かった。私は地理に疎いうえに、日本で作られた日本が中心に描かれている地図しか見たことが無かった。

 

あの女の子が言ったよう日本は東の果て、地図の右端っこにぽつんと存在するへんてこな形の島に見えた。

 

なんとも情けないコペルニクス的転回である。

 

私の内省世界は、外の世界と常にインタラクティブな関係を望んでいる。

しかし、住んでいる場所が変わったり、外国人になったからといって、私の世界は汚されることはない。むしろどんどん新しい言葉や匂い、知らなかった芸術や表現を知って、強さを増す一方である。

 

私のこの望みを奪おうとするものを、社会では差別と呼ぶらしい。

 

傷つきやすい人は強くなるしかない。納得できないかもしれないが、仕方がないことだ。

しかし同時に、いかなる思想も他者の望みを奪ってはならない。

 

住み慣れた世界を出て冒険したい。例えバベルの塔が両親と一緒に作れなくなってもいい。他の言語世界を見たいと幼い頃から思い続けていた。

 

今私はヨーロッパにいる。冒険したいと言っていた割には、日本語からの家出に成功し、はしゃいでいる年の割には青臭い少女のようだ。

 

外国話についていけなくて人をいらいらさせたこともある。いらいらしたこともある。言葉がわからない人に、不親切だった自分も居る、仲間に入れてもらえなかった自分も、過去にも現在にも未来にも居るだろう。ありえない勘違いもしてもう話すことができないくらい関係が悪化した人達も居る。人間関係をどうやって作ればいいか、ここで出会った人に教えてもらった。

 

夏目漱石じゃあるまいが、個とは何か、毎日見せつけられている。

 

溺れないように腕を摑みあっている。その景色こそが孤独というものなのだろう。

 

ならば溺れる勇気を持って、時には水を飲みながら、色々な水泳のフォームを身につけていくしかない。

 

私は一箇所に、からだを固定したくない。

 

学校から駅の出店へケバブを買いに行く途中、何が自分にとって幸せか考えた。

比喩としても直接の意味でも、自分の足で歩いていることに、私は幸福を見出していることに気が付いた。

 

アトリエは国立の機関らしくお金が無いのか、雨漏りはするしヒーターは壊れているし、9月の初めだというのに既に肌寒い。

それでも私は毎日が歓びでいっぱいだ。

 

そしてどこの国も、人はいつか死に、思い出だけが残る。

その自然でシンプルな仕組みのなかに、私の芸術はあるのだろう。

 

 

 

2018年9月1日
ウィーンに来てから約1年記念の文章として記す。
i submit a poetry  Multiple Spirits/マルスピ

⇩⇩⇩

About

slowly but don’t stop,

don’t rush but keep going

急がない 焦らない 慌てない 止まらない

6,july,2018

self-

portrait,2018/transforming boundaryとか(and more)

みんなすぐに忘れ、そして覚えていく。

キャピタリスティックな友情にも,もううんざり、どうして今更カップル単位の物事が、多くの社会で

信じられているのか?理解ができない。

ーーーー

Tired of capitalistic friendship, why are couple unit things now in many societies

Is it believed? I can not understand.

 

20.june.2018

news: exhibition “Painter Plumber” with Ina Ebenberger, Julia Goodman, Yein Lee at Justice.

see info⇩⇩⇩

https://www.facebook.com/events/1889820261084063/

 

 大学の頃に住んでいたアパートの通りの景色を夢に見た。

その通りや、アルバイトの帰りに自転車で通っていた道に建っているすごく古いアパートや、夜の道、の空気や匂いを思い出した。

 日本のアパートはとても簡易的な作りで、天井も低くて廊下も狭くベランダも隣の部屋といつでも破れるような壁で繋がっていただけで、安全な場所に居るという気持ちではなかった。地震が多い国だから、新しく壊しやすい建物が街に溢れている、という小学生から老人までの頭の中にある共通認識は本当は嘘なんじゃないかと思う。私の感想からすると、ウィーンの建物の方が頑丈そうで、住んでいて安心するし、地震がきてもそう揺れないだろうなと思う。第一、57階建てなんてまず存在しないから地震が来てもすぐに逃げ出せるだろうし、街の雰囲気も退廃的なのでそう落ち込まないだろうなと思う。ウィーンの方が震災後の街といった感じがして、ここに住んでいる人達の方がよっぽど地球の資源が無限ではないこととか、人間はいつか死ぬこととかを受けとめて生きているのではないかと思う。ウィーンでは今の点から死ぬ日までを繋げようとし、東京では生まれた日から今の点が繋がっている。だから東京では、努力とか、美容整形とか、いつまでも若くいようとか、過労死とか、肉体がいつの間にか消えてもいいようなグラフィカルな欲望ばっかり流行っているんだと思う。東京に住んでいる人達のあのマインドが懐かしくないわけではないけれど、今東京に帰ってしまうと、自分の肉体と会話する機能がまた消えてしまう気がする。

 外国に住んでいるせいでもはやどちらの世界も(日本語と、ドイツ語英語)夢のなかみたいで、それについて正面から考えようとするとクラクラするするし、はっきり言って寂しすぎる夜にはカラオケとか居酒屋とかお金払えばデートしてくれる人とかが欲しいけど、ここにはそういうものはないのでそんな夜にはミニマル音楽とかポエトリーリーディングとか見に行って余計落ち込むけど、落ち込む時には落ち込むことしかできないのだから仕方がない。誰も他人を助けることはできない。だからこそ自分と他人のメディウムになる可能性があるものを求めて何かを作ったり、結論が出なくても話し合ったりした方がいいんだと思う。いつまで住むのか分からないけれど、私は自分が実験体でいることを割とおおらかな気持ちで受け留められるので、ここでの生活は思ったより長くなると思う。

 

ーーーー1月15日、2018年

いつも壁に向かって話しかけているみたいな感覚。

でも気持ちがいい。

私にも何も届かない、私の声も聞こえない。

音に、声に、見るもの全てに感動する。

触れるものにも、触られることにも嬉しいとすら思う。

アダルトビデオの見過ぎで不感症になってしまったのなら、

アダルトビデオをもっと見ればいい。見た先に何があるのか、

知らなければいけない。

私は怖かった。

他人が怖かった、触ることが怖かった、学者ぶって作品を作ることが怖かった。

痛覚や気に入らなかった人たちをミキサーに入れて全部混ぜたみたいな気持ちで毎日生きていた。

みんな誰かの恋人で、みんな誰かの子どもで、親であることが怖かった。

別れすら喜びに思おう、

ここにいることを当たり前と思わないで、

毎日嬉しいと思おう。

毎日私はstrangerで、

毎日私は誰かの恋人で、

あなたの為にここに居る。

そういう気持ちで毎日絵を描こう。

ヨーロッパに来てもうすぐ半年が経つ。

私は今生きていて、確かにここに影がある。

誰かの習慣を大切に思おう。

誰かの代わりに泣いてみよう。

そうすることでしか、「世界」を知ることができない。

自分のことを愛しいと思うのが先か、自分が死ぬのが先か。

私には分からないけど、

そういうことを受け止めてみよう。

なんとなく眠りに落ちるのが怖いとき、

確かに「手」はあって、

ずっと繋いでいる。